超私的ななにか

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポテトの知恵(Lサイズ)

Lサイズの情報をあなたに

【予測不能】どんでん返しがすごいとかそういうレベルじゃない超展開な映画ランキング

映画
スポンサーリンク

f:id:chousiteki:20160921194515j:plain

どんでん返しが凄い映画と検索するとたくさんの映画がでてきますよね。

ただ、どんでん返しがあることが最大のネタバレだという映画もたくさんあります。

ユージュアルサスペクツなんかはまさにそれで身構えてみると真相を見抜いてしまう人もいるんじゃないかな。

 

どんでん返しがすごいということをわかっていても絶対結末を予測不可能な映画を3つにしぼりました。どんでん返しがあることをふまえて観ても絶対に結末は予測できないことを保証します。

 

どんでん返しがすごいとかそういうレベルじゃない超展開な映画ベスト3行ってみよ~

 

 

第3位 ファイトクラブ

 

ジャック(エドワード・ノートン)は保険会社に勤めるヤング・エグゼクティブ。ここ数カ月は不眠症に悩み、さまざまな病気を抱える人々が集まる「支援の会」に通い始め、そこで泣くことに快感を覚えるように。ある時、やはり「支援の会」中毒の女、マーラ(ヘレナ・ボナム・カーター)に出会い、電話番号を交換する。出張先の飛行機でジャックはタイラー(ブラッド・ピット)と知り合う。 

とにかく圧倒的なパワーのある超展開。

ブラットピットがとてもいい味を出している。

監督がデヴィッド・フィンチャーでとにかくこの人の作る映画は面白い。好きな映画監督だれ?と聞かれたらデヴィッド・フィンチャーと答えておけば、まず間違いない。なんとなくおしゃれぶることができます。

観た後の疲労感や高揚感はこの映画でしか味わえないでしょう。

 

巧妙に伏線をはりめぐらせているため気づく人は中盤で真相にたどり着くかもしれない。それだけ伏線が丁寧だということなんですけど、10人見たら1人くらいは気づくかも。ただその分、観たあとの納得感みたいなものもあります。今回は絶対予測不可能なものを選出したいためランク外にしようと思いましたが、デヴィッド・フィンチャー好きだし、映画としてはとてもおもしろいので3位にランクインです。

 

 

 

第2位 アイデンティティ

 

 

大雨で閉ざされたモーテルに、行き場を失った11人の男女が居合わせる。そこで起こる連続殺人。生存者たちは疑心暗鬼になりながらも、自分たちに奇妙な「共通点」があることに気づく。それは偶然ではなく、誰かの企みなのか? 予想もできない結末が彼らを待っていた…。 

もうこれすごい

途中で頭がショートしました。もう完全に宇宙人の実験とかいう展開だ~とミスリードされまくりました。

宇宙人の実験とかそういうオチ嫌いじゃないんですけど、やっぱりそれやるとなんでもできちゃうじゃん感もあってベストなオチではないなと思っています。

これはそんな二流作品とは一味違うよ。

 

そして納得感がすごいあります。超展開になる映画で「なんだこりゃ」ってなっちゃうやつはダメじゃないですか。超展開になっても残る納得感と最後まで楽しめるどんでん返し。

 

第1位 私が、生きる肌

 

あらすじ なし...

なんなんだ。これ...

納得感?そんなものこの映画にはないよ。

話が展開していくのをただ茫然と見る。そんな映画です。 

もう展開とかそういうレベルを超越している。

 

もうこれは芸術だ。

万人におすすめできる作品ではないですがどんでん返し慣れしてきている方にはぜひ見ていただきたい作品。

絶対展開は予測不能。やばい。やばすぎる。

 

 

まとめ

ベスト3を挙げるにあたってたくさんの映画をリストアップしたんですが、結果この3つになりました。本当にどれもおすすめな映画ばかりです。『ファイトクラブ』や『アイデンティティ』はメジャーな作品なのでもう見た方もたくさんいるのではないでしょうか。

「なーんだ『ファイトクラブ』と『アイデンティティ』がランクインしてるなんて安易なランキングだな」と思わないで!!

 

超上級者向けの『私が、生きる肌』を1位にもってきてます。

 

ただ本当に超上級者向けですので、初心者は『メメント』や『バタフライエフェクト』から始めましょう。

 

もう一通りどんでん返しがすごい映画をみてきているあなたには『私が、生きる肌』絶対おすすめです。というよりミステリーでもないのでどんでん返しがどうとか関係ないのか?!ただ展開予測が不能なことは間違いないですし映画としておもしろいです。

 

もうそこにあるのは芸術です。