超私的ななにか

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポテトの知恵(Lサイズ)

ポテトの情報をアグレッシブに発信中!!半年で月間10万PV達成。じゃがいもの皮むくのしんどいよね

インフルエンザの検査が痛い。痛みを少なくしたいなら耳鼻科での検査がおすすめ

スポンサーリンク

f:id:chousiteki:20161129222228j:plain

今年もインフルエンザの流行の季節がやってきました!!

 

そして、体調を崩しやすい季節でもあります。

インフルエンザの検査ってめちゃくちゃ痛いですよね?

わたしはすごく苦手です。

鼻に綿棒をブスっと突っ込まれて絶対涙目になっちゃいます。おっさんなのに...

 

看護師さんに情けない姿を見られたくないんですが、インフルエンザの検査痛い、痛すぎる...

 

それに検査してインフルエンザだったんならまあ許しますよ。でもこの季節普通の風邪で体調崩している場合も多い。

検査して結果「ただの風邪です」って言われたときは、検査やり損じゃないですか。

37.5°Cくらいの熱でも念のためとか言われて鼻に綿棒ぶっさされて「やっぱりインフルエンザじゃありませんでした」って言われた時はね...

 

インフルエンザの検査は絶対したほうがいい

たまにいるんですよね。39.0°Cくらいあるのにインフルエンザの検査が怖いから病院行かない奴

 

そうです。わたしです。

 

もう死にそうになりながらドラッグストアで市販の薬探しました。

普段多用しているのが「ロキソニン」です。「ロキソニン」って痛みも和らげるし熱も下げるし割と万能ですよね。

で、今回も「ロキソニン」に頼ろうとしたら、薬剤師さんに全力で止められました。

 

「ロキソニン」はインフルエンザの時には絶対飲んじゃダメらしい。

インフルエンザ脳症というものを引き起こす可能性があるらしく、稀ではあるものの危険だそう。(子供の場合は本当に危険らしいので絶対やめましょう)

 

で、この時思ったのが、素人が勝手に薬を選ぶと危険ということです。

インフルエンザだけでなく、たくさんの病気がこの世界にはあります。病気によっては薬は時として毒になるということです。

 

お医者さんに診てもらうほうが断然安全です。体調がすぐれない時はすみやかに受診しましょう。

 

インフルエンザには対インフルエンザ治療薬が最強

すごく当たり前な事なんですけど、インフルエンザの治療薬はインフルエンザによく効きます。

使った場合は2、3日で完治に近い状態になると思います。(あくまで私の経験上)

すぐ熱も下がりますし、本当に効く!!

逆にインフルエンザの検査をせずに自己治癒で治そうとすると症状が1週間以上長引くことも...

 

リレンザ、イナビルは本当に信頼できます。

これらの薬は病院に行きお医者さんに処方してもらう必要があります。

もちろん処方してもらうにはインフルエンザじゃないとダメなのでインフルエンザの検査は必須です。

 

ネットで見かけるインフルエンザ検査の痛みを少なくする方法

f:id:chousiteki:20161129222444j:plain

「インフルエンザ 検査 痛い」で検索するといくつか方法が出てきますね。

軽くご紹介します。

鼻水で検査する

これは噂で耳にしたことがあります。出した鼻水で検査してくれるというもの。

この方法の問題点は鼻水が出ていない場合は従来の綿棒をぶっさすしかない点。そして致命的なのが検査結果の精度が落ちる点です。

検査結果の精度が落ちるならダメじゃん...

 

麻酔をしてもらう

そのネットのページによれば最近は麻酔を使用する病院も多いらしい。

いやいや、麻酔なんてされたことないんですけど...

麻酔なしで検査されそうになったら麻酔して下さいってお願いしましょうって...

 

そしたらインフルエンザの検査にビビってるのバレるでしょうが。

おっさんのプライドが許さん。

 

*わたしはなんとなく恥ずかしい気もしますが、看護師さんは「こいつビビってんな」なんて思わないので申し出てみるのも手ですね。

 

採血で検査する

これは、わたしも一回経験があります。鼻での検査を怖がっていたところ、採血でも検査できると言われたので採血による検査をしてもらいました。

ただ、時間がめちゃくちゃかかる。それに採血もまあまあ痛い。

 

鼻での検査って早くて簡易的で理にかなってるんだなと思いました。

 

だまされたと思って耳鼻科で検査してみて

ある時、友人がインフルエンザの検査は耳鼻科でやると痛くないと言っていました。

友人曰く、耳鼻科の人は鼻を知り尽くしている。だから痛くない綿棒の入れ方も知っているんだそう。

 

正直、半信半疑だったんですが、先日検査してきて実感しました。

 

あの噂は本当だ!!

 

結構奥まで綿棒を入れられたんですが、全然痛くない。

今までは鼻の奥でぐりぐりされてちょっとした殺意を覚えたこともありましたが、あの拷問の日々はなんだったのか。

 

さすが鼻のプロ。おそるべし耳鼻科。

 

やはりこういうものは熟練していくものなんですね。採血も若い人だと何回もやり直しになることもありますが、ベテランの看護師さんとか一発でスムーズにやってくれますもんね。

インフルエンザの検査に痛いイメージがあり怖い方はぜひ耳鼻科で検査してみてください。

 

まとめ

まず、わたしは医療のプロではありません。医者でもないですし、医療にかかわる仕事もしていません。

ですから今回書いたことは素人で一患者に過ぎない一人の人間の感想です。その辺はお間違いないようにお願いします。

 

体調を崩したら病院に行くことを強く勧めます。

インフルエンザの検査が怖くても勇気をもって受診しましょう。

耳鼻科でインフルエンザの検査をすると痛みが少ないというのはわたしの周りではちょっとした噂になっており多くの人が感じたことのようです。そしてわたしも痛みが少なかったように感じました。

 

インフルエンザの検査には採血同様、上手い下手があり、熟練した鼻のプロが耳鼻科には多いよという話でした。

 

ぜひ怖がらず耳鼻科で検査してみてください。

だまされたと思って受診してみたけど、痛かった。だまされた。ってなった方はごめんなさい。ぶっちゃけ人によります。運

 

このページがインフルエンザの検査を怖がっている人の背中を押すことができれば幸いです。

元も子もありませんがインフルエンザの検査が怖い方はインフルエンザの検査の必要がないように日々の健康に気をつけるのがベストですね。