超私的ななにか

ポテトの知恵(Lサイズ)

ポテトの情報をアグレッシブに発信中!!半年で月間10万PV達成。じゃがいもの皮むくのしんどいよね

最高の履き心地。本気でオススメな疲れないスニーカー3選【クッション性・フィット感・デザイン】

最高の履き心地。疲れないスニーカー3選

歩き疲れが気になるようになってきました。

昔はデザイン重視で選んでいましたが、歩き疲れしにくいことをポイントに靴を選ぶと毎日が本当に快適になりました。

でもスポーティー過ぎるのもちょっと...

そんな方にデザインと疲れにくさを両方兼ね備えた最強のスニーカーを紹介します。

いろいろなスニーカーを試してきて本気でオススメできると思ったものだけに厳選しました!! 

ニューバランス (new balance)

new balance(ニューバランス)M1400

父の京都旅行用に購入。かなり京都は歩くのでこの靴がとても足に良かったようです。

出典:アマゾンカスタマーレビュー

 言わずと知れた名品。ニューバランスブームの時に購入。

足を入れた瞬間あれだけもてはやされていた理由がわかりました。包まれるような柔らかなホールド感。クッション性も他のものとは比べものにならないくらい凄い。

 

もうとりあえずこれ買っとけば間違いないです。

ニューバランスブームが落ち着いた今こそ再評価したい名品。

デザインもクラシカルでありながら色褪せることのなく長く愛用できるのが魅力的です。

 

new balance(ニューバランス)M576

 こちらはM1400と並ぶニューバランスのベストセラー商品。

M576もかなり疲れないと思われます。こちらは購入していないので明言はできませんが、M1400に匹敵する疲れにくさでしょう。M1400はニューバランスの路面店で購入したんですが、最後までM576と悩みました。足を入れた時の感動はM1400のほうがあるかなと思います。

というのもM576は少しソールに硬さがありM1400を履いた後ではかなり固く感じます。ですが程よい硬さがあるということは安定感が増すということです。

長期間歩くのであればM576のほうが疲れないかもと店員さんが言っていましたので参考になれば。

 

このへんは好みの問題だと思います。

 

あとM576には廉価版のM574があります。これは中国製で生産コストをなるべく抑えているので価格もかなり安いです。

耐久性ではやはり劣りますが、履き心地の再現度は高いです。あまりお金をかけたくない方やニューバランス最強伝説に半信半疑の方はM574から試してみてはいかがでしょうか。感動すると思います。

 

オニツカタイガー (Onitsuka Tiger)

Onitsuka Tiger TIGER ALLIANCE(オニツカタイガータイガー アライアンス)

今まで履いたスニーカーの中で一番履き心地が良かった。
長距離を歩いても全然疲れないので、超おすすめです。
しかも、同じスニーカーを履いている人が少ないのも良い点のひとつ。
ニューバランスとか履いてる人多すぎで、ちょっと履くのをためらうレベルです。
サイズが小さめなので購入時は注意が必要。

出典:アマゾンカスタマーレビュー

 アマゾンのレビューでも高評価です。

かなりメジャーになってきたオニツカタイガー。

ソールが厚いこのTIGER ALLIANCE(タイガー アライアンス)がおすすめです。やはり単純にソールが厚いのは安心。

αGELを内蔵した成型ミッドソールを採用し、クッション性を高めています。中敷は取り外しが可能。もちろん使用されている中敷きもかなりいいものですが、もっともっとこだわりたい方は中敷きを変えてより最高を求めるということも可能です。

 デザインもシャープでどんな服装にも合います。色も豊富できっと好きな色のモデルが見つかります。 

 

渋谷の大型路面店で購入したんですが、そこの店員さんの接客が素晴らしかったです。

路面店はいつも海外の方々でいっぱいです。今や日本発信のグローバルブランド“Onitsuka Tiger"として支持は海を越え、世界的な知名度を誇っています。

 

靴ひもは履くたびに締めなおしてくださいと店員さんに言われ最初はめんどうかなと思いましたが、今では習慣になりました。

締めなおしたときのホールド感は本当にすごいです。足の疲れは歩いていると靴がずれることが原因の一つなので、疲れが気になる方はしっかりホールドしたほうがいいです。スニーカー選びでフィット感が重視されるのはこのためです。

フィット感ではこの靴が最高です。かなり狭く感じる人もいるかもしれません。

 

Onitsuka Tiger MEXICO 66(オニツカタイガー メキシコ66)

私は一日中立ち仕事です。
履いてみたのですが履き心地がとてもよく、足の疲れが少ないです。
オニツカタイガーのクオリティは高い。別のやつも買ってみようと思います。大満足!

出典:アマゾンカスタマーレビュー

 

 基本的にはソールが厚いタイプの靴のほうが疲れは軽減されるのですが、どうしてもソールの厚いスニーカーが好きになれないという方もいるかもしれません。

そこでおすすめなのが『MEXICO 66(メキシコ66)』です。

薄底・細身に代表される現オニツカタイガーのスタンダードモデルです。

このスタイリッシュなデザインは薄底でしかだせないでしょう。

車の運転などする方はこちらの薄底のスニーカーがおすすめです。

スポンサーリンク

 

リーボック(Reebok) 

Reebok CL LTHR クラシック レザー

このタイプのリーボックは5足目です。
7年間はいてます。

出典:アマゾンカスタマーレビュー

「ニューバランスもオニツカタイガーも定番じゃん」という方に薦めたいのがリーボックCL LEATHER(クラシック レザー)です。

レザーアッパーによる高いフィット性、ソールに優れたグリップ性があり、隠れた人気となっています。

デザインはシンプルな構成とカラーリングがモデル本来の完成度を際立たせていますね。

 普遍的なデザインとなっており、どの年代の方にもおすすめできるマスターピースです。

Reebok PUMP FURY (リーボック ポンプ フューリー)

一度ポンプフューリーは試し履きしたことがあったので、ちょい小さめかなと思い27・5を選択。
厚手の靴下なら文句なし。薄手ならポンプいっぱいペコペコして合わせます。
ジーンズにもいいし、短パンでスポーツももちろん、普段使いに重宝しています。
売り切れが早いシリーズなので早めにゲットしました。

出典:アマゾンカスタマーレビュー

より個性的なスニーカーを求めているならこれ。

ポンプフューリーは雑誌でとりあげられ一気に履いている人が増えました。履き心地はハイテクよりで申し分ないです。ただデザインが個性的すぎて知名度の割には履いている人は少ないですね。ショップ店員さんや美容師さんなどいわゆるおしゃれな人が履いていることが多いです。

 

ただ見かけで敬遠することなかれ。履き心地はかなりの本格派です。個性を出していきたい方におすすめです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。私が今まで履いてきた中でのおすすめを紹介しました。

流行のスタンスミスを履いているけど足が疲れるなと感じている方結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。スタンスミスのクッション性ははっきり言ってよくないです。

紹介した靴のどれを試着しても違いがわかると思います。それほどまでにその他大勢のスニーカーとこの3つは違います。

 

ぜひ店頭で履いてみて極上のクッション性とフィット感を体験してみてください。

 

今回疲れないスニーカー3選と題して3種類以上のスニーカーを紹介しましたが、足の形は人それぞれ。

疲れないスニーカー選びの基本はあなたの足にジャストフィットするものを選ぶことです。

ニューバランス、オニツカタイガー、リーボックどのメーカーもスニーカー作りにおいては他のメーカーの一歩先を行っていると思います。この中からあなたにあった靴が必ず見つかります。