• 映画
    ドラマ『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』が実に残念だった件。天才ハッカーvs大企業はどっちが勝つのか
  • お金
    毎週更新【toto・BIG】は本当に6億円当選するのか。遂に当選!?実際買ってみた結果...

GANZO(ガンゾ)を使い始めてもう3年が経ちました。

GANZOの財布は年数が経つごとにどんどん変わった表情になり、飽きが来ません。

本当にエターナル(永遠)なプロダクトだと思うので、実際使用してみての魅力を語っていきたいと思います。

 

What's GANZO ?
GANZO(ガンゾ)は日本の職人たちによる革製品のブランドです。

素材選びからなめし、革の裁断・漉き・縫製、そして磨きといった工程に至るまで、いっさい妥協することなく“本物”を追求した最高級ライン。

 

匠のこだわりと魂が息づいています。

 

Sponsored Link

 GANZO(ガンゾ)の財布がエターナルすぎる3つの理由

1.そう書いてある

ガンゾの製品には刻印がしてありブランドロゴと英字が刻まれています。

This product is chic and made the best quality.
It will bring you eternal pleasure.

 

と書いてあります。わたしの拙い英語で翻訳しますと

このプロダクトはシックでベストなクオリティーで作られています。

これはあなたに永遠の喜びをもたらすでしょう。

という意味になると思います。

 

自信と誇りがあるからこそ製品に書いちゃってます。

この刻印はGANZO(ガンゾ)の職人たちの決意の証であることは間違いありません。

 

2.maid in japan だから

メイド・イン・ジャパンの地位は地に落ちた。

悲しいことにmaid in japanに信頼性があったのは過去の話となってしまいました。

 

今では中国製やインドネシア製でも丈夫でしっかりしたものはたくさんあります。

maid in japan を無条件で信頼していたり、中国製だからって無駄にこきおろしたりする態度は自分が商品を見る目がないと言っているようなものです。

 

ですが、GANZO(ガンゾ)の財布を使いだしてからやっぱりmaid in japanすげえぇぇぇぇてなりました。
というよりもどの国で作られているかで製品の良し悪しを判断するのは今の時代ナンセンスなことかもしれません。

 

結局は作り手が本気かどうか。それだけなんですよね。

それでいうとGANZOの財布はびしびし伝わってきます。職人の本気度が。

 

購入した時に一年保障を証明するのゴールドのカードが付いてきました。
縫製や塗りに荒いところがあったらすぐに無料で対応するとのことでした。

本気とかいてマジな一品です。

 

3.基本的にはメンテナンスフリー

皮製品なのでWAXなどで定期的に磨く必要があるかなと思ったのですが、基本的には手の油などで充分とのこと。

風合いを出すためにつける人もいるみたいですが、そこは好みでと店員さんが言ってました。

わたしはめんどくさがりなのでまだなにも付けたことがありませんが、ツヤはでてきています。

 

メンテナンスフリーなところもガンゾがエターナルたる所以ではないでしょうか。

おそらくホワイトハウスコックス(WHITE HOUSE COX)とかエッティンガー(ETTINGER)とかココマイスターで迷われているんだと思いますが...

 

GANZOいちおしです

 

CORDOVAN(コードバン)かTHIN BRIDLE(シンブライドル)どっちがいいの問題

写真の通りわたしはコードバンの二つ折りの財布を使っているのですが購入にあたって知っておいて欲しいことが1つあります。

 

コードバンはほんとに水に弱いです。

 

おそらく想像以上の脆さです。写真だとわかりにくいですがシミがいくつもあります。

ちょっと雨に濡れたとかですぐにハンカチで拭いても跡が残ります。

 

ですので財布の扱いが雑なひとはコードバンは避けたほうがいいでしょう。

シンブライドルのほうは比較的水や汗に強いとされています。

 

 CORDOVAN(コードバン)かTHIN BRIDLE(シンブライドル)の選び方

コードバンとシンブライドルどちらがいいのか、伊勢丹の店員さんに聞いてみました。

伊勢丹店員さん曰く
• シンブライドルはエイジング(時間経過による劣化)をより楽しめる。
•コードバンは今新品の状態が一番美しく、その後ゆっくり劣化していく。

シンブライドルは時間が立つにつれて味が出てくるらしいです。

これを聞くとシンブライドルに惹かれてしまいそうですよね。

コードバンを3年使ってみて劣化はしていくものの味として愛着が持てる範囲であること、そしてその劣化はかなりゆっくりだということがわかりました。

 

ですので元も子もないですが好みで選んでOKです。好きなほうを選びましょう。

 

職人が本気で作ったプロダクトを所有する喜び...

 

あなたもGANZO(ガンゾ)を買ってエターナルでプレジャーな日々を

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事