• お金
    毎週更新【toto・BIG】は本当に6億円当選するのか。遂に当選!?実際買ってみた結果...
  • 映画
    ドラマ『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』が実に残念だった件。天才ハッカーvs大企業はどっちが勝つのか
Sponsored Link

ウォーキングデッドよ。これが真のゾンビドラマだ

全国のウォーキングデッドファン、そしてゾンビファンの皆さん。
『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』はもう見ましたか?

 

『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』はその名前からもわかるとおり『ウォーキングデッド』のスピンオフ作品です。

 

『ウォーキングデッド』はたった1つの海外ドラマでは描ききれない壮大な世界観を持った作品。
『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』は新たな視点からそのゾンビ世界を描いています。

 

『ウォーキングデッド』ファンはもちろん楽しめますが、『ウォーキングデッド』をつまらないと思った人・飽きた人にもおすすめできるのがこの作品のすごいところ。

 

『ウォーキングデッド』ってもうゾンビ完全に空気じゃん...人間の小競り合いに終始しすぎじゃね!?

そう思っている人に言いたい

 

オーケー!!激しく同意だ

 

まさにそれが『ウォーキングデッド』がシーズンを重ねるごとにワクワクドキドキが減っている原因だと思います。それをリフレッシュして新鮮な気持ちでゾンビと対面できるのが『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』なんです!!

 

ゾンビの数は少ないが圧倒的ゾンビの存在感

ゾンビの性質っていうのは作品ごとに違うと思うんですけど『ウォーキングデッド』の世界のゾンビは走らない
ノロマなので慣れてしまえば簡単に倒せちゃうんですよね。
実際シーズン6あたりからリックたちはゾンビ抹殺職人と化しています...

 

それでも一応...群れで行動するっていう性質もあるので、群れに遭遇した時は絶望感がありました。
しかし最近では群れとの遭遇にもなんだかんだ乗り切ることも多い気がします。

 

ゾンビの脅威度はシーズンを重ねていく度にどんどん落ちています。

一方『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』は平和な日常からゾンビが出現し破滅に向かう世界を描いたスピンオフです。

 

描かれる時系列は世界が初めてゾンビと対峙した瞬間です。平和な日常に突如として現れるゾンビ1体の恐怖たるや...

 

不穏な空気がゆっくりと全世界を包み込んでいく様子は緊張感たっぷりで見ているものを引き付けます。

恐怖はゾンビの数では決まらない!!毎話ハラハラドキドキして見れます。

 

『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』は文明vsゾンビを見せてくれる

ぶっちゃけゾンビものの人間vs人間という構図はお腹いっぱい。そんな方も楽しめる今作。
『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』は文明が崩壊するところを描いていきます。
リックが病院から目覚めた時点で文明は崩壊してて...という設定に引っかかっていた人はこの作品で答えが見つかるかもしれませんね。

 

アメリカ軍vsゾンビが見れるのでそれだけでも価値のあるドラマだと思います。
スピンオフということで違った視点でゾンビ世界を見せてくれるのはありがたい。

 

軍の暴走、人々の暴徒化...これが見たかった

軍がいったんは事態をおさめたように見えるが...そして人々の思惑が重なり合い最悪の事態に突入していく...こんなプロットが見たかった。

 

この作品はその望みをかなえてくれました。軍が出てきたときはテンション上がりました。

少し展開の遅さに不満はありますが、じっくり世界の変わる様を描写しているのでそこは目をつぶりましょう。

 

ウォーキングデッド化しないか不安要素あり

シーズン1視聴時点では気になる点はいくつかあるものの『ウォーキングデッド』の新しい形をみせてくれたということを高く評価します。(何様だよ)

 

ですが、『ウォーキングデッド』化しそうな雰囲気が終盤あたりからしています。

主人公の複雑な家族に焦点を当てすぎて人間にフォーカスしていきそうな感じがありました。

 

人間模様に重きをおいたらスピンオフの意味が...劣化版『ウォーキングデッド』になってしまうよ。

 

文明との小競り合いがもっと見たい

こういうドラマにリアリティーとかいうのも野暮ですが、文明はそんなに簡単に終わらないと思うんですよ。
文明社会が崩壊した荒廃した世界は本家がやってくれるんでスピンオフではもっと文明っていうか人間vsゾンビを深くやっていって欲しいです。

 

どうか人間vs人間っていう王道パターンに逃げないでほしいですね。

 

『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』と『ウォーキングデッド』どっちが面白いのか?

正直、『ウォーキングデッド』のほうが面白いです。
「最後は人間が一番怖いっていう展開飽きました」とか言っといてなんですが、このパターンめちゃくちゃ好きなんです。

やっぱり濃厚な人間ドラマが心に響くという点では『ウォーキングデッド』のほうが面白いかなと思います。

 

ただ、『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』も優秀な作品であることは間違いありません。
特に劣化版『ウォーキングデッド』にとどまらず、新たな視点からゾンビ世界を描いている点はかなり高得点ではないでしょうか。

 

レビューでは「ウォーキングデッドのスピンオフだから観たのに全然違う作品なんだけど」というような声もあるようですが、そこがこの作品のいいところ、すごいところでしょって言いたい!!

 

そういう意味ではどっちのほうが面白いかなんてナンセンスで、どっちも独立した作品として楽しめる十分なポテンシャルを秘めていますよ

 

まだ見ていない人はぜひ見てみて欲しい作品

前述の通り『ウォーキングデッド』とは似て非なる作品なので、『ウォーキングデッド』が嫌い or 観たことない人にもおすすめです。

 

Amazonプライムビデオで吹き替え版が観れましたのでチェックしてみて下さい。(執筆時)

huluやnetflixがだいたい月額1000円(プランにより異なる)なのに対しプライム会員は年会費3900円と月額換算で325円ですのでかなり良心的な価格設定です。

 

わたしはかなり海外ドラママニアなのでhulu、netflix、アマゾンプライム全部に入っていますが、普段暇な時見たいという程度であればアマゾンプライムビデオで充分です。

 

コスパが高いのでオススメな動画配信サービスです。

 

Sponsored Link
圧倒的コスパ...Amazonプライムビデオで映画、ドラマが見放題
  • 圧倒的コストパフォーマンス

アマゾンプライムビデオは月額400円にも関わらず、映画やドラマがめちゃくちゃ多い

  • オリジナルコンテンツがおもしろすぎる

『ドキュメンタル』や『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』など海外ドラマからバラエティまで超強力なプライムしか見れないコンテンツの数々

  • プライムビデオはまだ序章に過ぎない...

プライム会員になればその他たくさんのサービスを受けられます。詳細は沢山ありすぎて書ききれま(略)

 

とりあえずすごいサービスなのでまだ体験していない方は1か月の無料体験しちゃいましょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事