• お金
    毎週更新【toto・BIG】は本当に6億円当選するのか。遂に当選!?実際買ってみた結果...
  • 映画
    ドラマ『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』が実に残念だった件。天才ハッカーvs大企業はどっちが勝つのか

『HELIX(へリックス) 黒い遺伝子』が話題にならない理由

f:id:chousiteki:20161207015158g:plain出典:http://ciatr.jp/topics/13656

『HELIX 黒い遺伝子』をご存じでしょうか?

真田 広之さんが出演しているのに日本では全然話題になっていないです。TSUTAYAではじめて見た時はかなりおもしろそうなにおいがプンプンしたんですが...

 

感染系スリラーという成功が約束された王道ジャンルでどうしてこうなった...

『HELIX(へリックス) 黒い遺伝子』が日本で話題にならない理由。それは単純につまらないからです。

ナルヴィクB(ドラマ内のウイルス名)のように「おもしろい」という口コミが世界中に広がればよかったですが。『HELIX』にそこまでの感染力はなかったようです。

 

単純につまらないと言いましたが、わたしは真田 広之さんが出演ということでこの作品をかなり応援していました。

ただ、どうひいき目に見ても「惜しい、残念」といった感想になってしまいます。

なぜここまで面白そうな要素をそろえながらヒットできなかったのか。その点をもっと掘り下げて考えていきたいと思います。

ネタバレなしで書こうと思いましたが、無理でした。物語の核心についてはなるべく触れないように注意しましたが、ネタバレは多少あります。 

 

あらすじは断然おもしろそう

あらすじ

氷と雪に閉ざされた北極の研究施設で未知のウイルス感染が発生し、疾病対策予防センター(CDC)の科学者チームが事態収拾のため現地へ派遣される。

施設では不安や恐怖、そして疑心暗鬼が広まっていく。次々と命を落としていく仲間たち、内部に潜入したスパイによる妨害工作。

果たして、恐るべきウイルスの正体とは?この施設に隠されている秘密とは?それらの真実が明らかとなった時、人類の命運を揺るがす巨大な陰謀が不気味に頭をもたげる…!

出典:HELIX/ヘリックス –黒い遺伝子- - オフィシャルサイト

おもしろそう

 

というより面白くないわけがない。

これはネタバレになるかもしれませんが実は『HELIX』はゾンビものという側面もある。

感染スリラー×ゾンビ×真田 広之

おもしろそうな要素てんこ盛り。でも残念な仕上がりに...

 

う~んなんでこんなに面白くないんだろう。

 

4話までは一線級のおもしろさ

じゃあこの海外ドラマどれだけクソなのという話なんですが、クソと言い切れるほどつまらなくもない。

遠まわしでわかりにくい表現になりましたが、決して全編つまらないわけではないんです。ところどころ面白くなりそうな要素を持ちつつそれでも盛り上げきれなかった。

 

実際1話なんてワクワク感がすごいありました。これからどう物語が広がっていくんだろうという期待でいっぱいでした。

その期待感を超えてこれなかったなという印象です。

これは海外ドラマでありがちなことなんですが、ここまで失速した作品はかつてないですね。シーズン2,3あたりでダレてくるのはよくあるんですが4話から失速とは...

 

演出もかなり好きでした。 残虐なシーンでポップな音楽。

ホラーではよく使われる演出ですが、イイネ。

 

ここまで残念だという印象が強いのは4話までは名作になりそうな勢いだったからです。

 

なまぬるい展開

感染スリラーで一番やってはいけないことかなと思います。

展開がいちいちなまぬるい。

登場人物全員いい奴なのか?真田 広之の最初の変態感はどこにいったの?

めちゃめちゃ気持ち悪くていい感じだったのに。

 

もっと冷酷でやばい奴がいてもいいと思います。まして感染スリラーでやばいウイルスの研究とかしちゃってる奴らなのに...いい奴多い。

もっと殺伐とした感じださないとダメでしょ。

 

残虐シーンではポップな音楽をかけてよりサイコな感じを演出していたはずが、最後のほうはもはやギャグ。

もっと全体的に引き締まった作品にしないとこういった演出が裏目に。

 

なんで、急になまぬるい展開にしたのか疑問です。結局シーズンの終わりに向かって盛り上げられませんでした。

 

人物像が掘り下げられても全然魅力的じゃない登場人物たち

f:id:chousiteki:20161207015246j:plain
出典:http://ciatr.jp/topics/13656

海外ドラマの魅力といえば回を重ねるごとに掘り下げられる人物像。どんどん登場人物に愛着がわいてきて死ぬシーンになると涙することもあります。

ただ『HELIX』にはそれがなかった。

 

なんとなくやんわりその人物の背景がわかってきても全然感情移入できない。

この点はかなり致命的でした。特に主人公をもっと魅力的に描ければ...真田 広之さんの役もぶっちゃけびみょう。

女性キャストもう~ん。ジョーダン・ヘイズも可愛いけど、やっぱり顔とか演技力より役がどれだけ魅力的かなんですよね。

 

 一番致命的だったのは魅力的な悪役の不在でしょう。

結局、敵側にカッコいいヒールがいなかった。ラスボス風に登場したのがザ・サイスとかいう子供。ザ・サイスは武器の大鎌からきてるとか、なんだそのネーミングセンス。いまどき少年ジャンプのモブキャラにもそんな雑魚そうなやついないわ。

 

しかもたいして脅威も残せず。マザコンなのが弱点ってなに?

こんな最弱な敵みたの初めてでした。

もっとバチバチにやりあうわかりやすい対立軸があれば王道な感じでよかったのではないでしょうか。

 

『HELIX-黒い遺伝子-』は観るべき海外ドラマか

難しい質問ではありますが、積極的にはオススメしないというのがわたしの答えです。

人によって感じ方は様々です。ただ事実として『HELIX』はシーズン2で打ち切りになりました。

 

感染スリラーものと思いきやゾンビものだったり、ラスボスがマザコンだったり、そういったことが許せるならぜひ見てみてください。

逆に気になる人もいるかな。

 

4話までの出来はかなりいいのでそこまではオススメできますよ!!

 

じゃあどの海外ドラマを年末年始見るべきかということですが、オススメがたくさんありすぎます。

 

 こちらでまとめましたのでよかったらどうぞ

この海外ドラマがすごい!!超おすすめな海外ドラマランキング【2016】 - ポテトの知恵(Lサイズ)

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ブログ
掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Google Adsense)を利用しています。 広告配信事業者は、ユー...