• 映画
    ドラマ『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』が実に残念だった件。天才ハッカーvs大企業はどっちが勝つのか
  • お金
    毎週更新【toto・BIG】は本当に6億円当選するのか。遂に当選!?実際買ってみた結果...

f:id:chousiteki:20161025031711j:plain

イタリア。最高でした。

 

食べ物が本当においしい。美女もたくさん。建築物も美しい。

 

満足度100%

 

地下鉄でスリに遭遇しなければね...

 

ローマの地下鉄でのスリ遭遇率は脅威の100%

イタリア観光って言ったらほとんどの人がローマに行くと思うんですけどね。

ローマって言っても結構観光地がバラついているんですよね。

 

トレビの泉とかコロッセオとかその他多数の観光地がありますよね。

 

歩くのもちょっと遠い。

 

そこで地下鉄が便利なんですが...

 

もうローマの地下鉄に秩序はないと思っていただいていいと思う。

あそこは魔窟。

だって地下鉄乗る度スリに会うんだもん。

脅威の100%ですからね。(実体験)

 

まあ統計とったらもっと少ないのかもしれませんが。

超危険ということにかわりはないです。

 

スリが多いんだ気をつけよではダメ

イタリアはスリが多い。うんうん。聞いた。それ何回も聞いたと思っている人がたくさんいると思うんですけど、ちょっと待ったあぁぁぁぁ。

 

いや、想像してるレベルはるかに超えてますから。

スリって言われてるけど実際は強盗・引ったくりに近いです。

 

でだいたいの人はハンドバッグを辞めてななめ掛けできるバッグやリュックにすると思うんですけど、無駄。

 

無駄無駄無駄ぁ

 

バッグ自体は取ることができなくなるので正確に言えば無駄でもないんですけど。

 

私たちが想像してるスリって気づかれないようにやるの想像してません?

トイレいっている時バッグに目を離している隙に取られたとか。

 

もうバッグから目を離すどころか手を放した時点で負けています。

なぜなら、気づかれようが逃げ切ればスリ側の勝利だからです。

私たち日本人はイタリア人の顔を覚えられません。顔をみて何人かの区別もつかないと思います。ですから、なにかスラれても逃げられれば泣き寝入りするしかないです。

 

で、スリ師はそれを理解してアジア系をすごい狙っています。

 

地下鉄では乗り降りの時にガッツリポケットの中に手を突っ込まれます。

そしてすぐ人ごみの中に紛れてしまいます。プロだ...

 

「ゲイにお尻触られたのかと思った」by友人

ホントガッツリ突っ込んできます。

気づかれないようにやれよ!!

 

 

「尻ポケットに入れたら危ないんだ。じゃあバッグに入れとこ」もヤバい

スリ師のおばさんにお尻触られる事件が起きてから私たちの警戒度はMAXでした。

ただ最初からすべてバッグにいれていたので取られる可能性は少ないと思っていました。

 

が、その後子供の集団にバックガッツリ開けられました。

 

想像してみてください。

背中じゃなく前にバッグを持ってるのに正面からバッグのチャック降ろされることを。

 

 え...まじか...ってなります。

 

なんとか振り払いましたが、ただただ怖かったです。

 

 

イタリア人は助けてくれない

子供の集団にスリ未遂をされたときは、10人くらいいたでしょうか。

私たちが乗る時にスリをしてそのまま電車を降りるつもりだったのでしょう。

ですがバッグのチャックを開けてもみ合ってる間に電車が閉まって何人かその車両に残ってしまいました。

 

普通に考えてスろうとして失敗して、さらに逃げ遅れたらビビりますよね。

別の車両に移るのかなと思ったら何食わぬ顔でそこにいるんです。

 

バカか、くそガキ。

 

俺はキレてるぞ。マジで。

 

 少なくとも視界から失せろ。

 

 

で乗車する時子供ともみ合ってるのを多くの人が見てたんです。

それに アジア人がなにやら騒いでいる。

 

正義の男面したちょっとおせっかいな奴が一人くらいいてもいいでしょ!!!

なんで大人全員知らんぷりなんだ?わかってんだろ。この子供たちがスリを常習的にやってる集団だって。

 

警察呼べよおぉぉぉぉ

駅員か誰かに知らせてくれよぉぉぉぉ

 

その子供まだそこにいるんだよ?

普通に平然として。

 

 

きれいな女の人にばっかヘラヘラしてんじゃねえぞ。イタリア人。

アジア人のゴリゴリの男たちにも優しくしろよ。

 

実際どう対応したらいいの?

なるべく地下鉄の利用は避けるというのが一番の防御策になると思います。

それでも地下鉄に乗る場合は、まず100%スリに会う覚悟を持ってください。

私はまさかバッグを開けてくるとは思わず安心していたので。どんなことも起こりうると思っておいていいと思います。

ナイフで開けられるといった記述も見ましたが、私たちはそのようなことはありませんでした。

 

ジャケットの内ポケットなどがある程度安全かもしれませんが、どんな場所に入れてもイタリア人スリ師の力技になす術はないと思います。

ですのでお金を分散しておくのが抵抗になるでしょう。

 

バッグの中にさらに収納があればそこにお金を入れましょう。

高い時計なども身に着けないほうがいいでしょう。

実際やれることはこのくらいです。

 

イタリアの社会の闇

f:id:chousiteki:20161025031844j:plain

イタリアでは、常習的にスリが行われています。もしかしたらローマだけ活発なのかもしれません。その他、地方都市では危ない目には会いませんでした。

 

で、問題なのはそれをイタリア社会が許容してしまっていることです。

まず異様ですよね。子供たちがスリしてるって。

 

しかもかなり子供です。10歳とかに見えたので実際もっと幼いでしょう。

誰かから物を取らないと生きていけない子供たちがいるって恐ろしいことだと思います。悲しいことでもあります。しかもそれがしょうがないことだという空気があります。

日常の光景で当たり前なようにスリの存在を受け入れています。

文化の違いなんですかね。

でも文化の違いでは済まされない悲しみがそこにはありました。

 

 華やかなイメージの強いイタリアですが、貧困がはびこり、少年たちがスリをしていることを知っていただければと思います。

 

まとめ

ローマにはめちゃくちゃスリがいます。そのスリたちは私たちが想像するよりはるかに悪質なことをしてきますので注意してください。

対処法はほぼないに等しいので地下鉄には乗らないのがベストだと思います。

街中でスリには会いませんでした。

ですがイタリアの三越のトイレには「スリ被害が多発中です。ご注意ください」と張り紙が...

 

イタリア政府は何も対策をしないのかな?イタリアでは観光もかなり大きい産業だと思いますけど...

 

ここまで、イタリアのスリがひどいという話でしたが、イタリア自体はとても魅力的な国です。

さすが本場!!パスタは最高においしいですよ。

美しい建造物もたくさんありますし、イタリア人はユーモアたっぷり。人との距離が近い気がしました。(少ない滞在時間で私が感じた個人的な感想です)

 

その他がいいばっかりにスリについては非常に残念でした。

 

これからイタリア旅行に行く方は楽しんできてください。

くれぐれも スリにはご注意を。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事